第29回学会 ↓

第29回学会(2018年) 開催報告

第29回日本手術看護学会関東甲信越地区学会

 2018年6月16日(土)パシフィコ横浜会議センターにおいて、「第29回日本手術看護学会関東甲信越地区学会」が開催されました。来賓には、神奈川県看護協会会長花井惠子様、日本手術看護学会理事長石橋まゆみ様をお迎えし、周術期看護を考えるよい機会となりました。
 今回の学会テーマは、「周術期看護に活かそう、つなげよう、チームの情報PARTⅡ-チーム情報を活かす記録とは-」としました。昨年のテーマである情報の活用を受け、チーム情報を活かす記録について何が求められているのか考えることをねらいとしました。
 特別講演では、北浜法律事務所医師・弁護士の長谷部圭司先生より「訴訟・トラブルに強い!カルテ・看護記録の書き方」についてご講演を頂きました。診療録等の記載が法的にどのような意味があるのかという視点から、①記録の重要性②記録をどう書くのか③記録は何を書くのかについて分りやすいご講演を頂きました。
 シンポジウムでは、「周術期看護を実践する中で必要な記録」をテーマとし、①周術期を通して協働して取り組む施設の事例②カンファレンスに着目し記録をチーム連携に活かしている事例③管理者の視点からみた記録について、4名のシンポジストをお招きし発表して頂きました。その後、活発なディスカッションが行われ周術期看護における記録について皆で考えることが出来ました。
 口演10題、示説10題の発表、参加人数は1,285名と過去最高となり、盛大な学会となりました。来年も皆様のご参加をお待ちしております。













日本手術看護学会 関東甲信越地区
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階
TEL : 03-3818-3830 FAX : 03-6273-0334
※お問合せ時間:13:00~17:00(土・日・祝日除く)