会長挨拶

 謹んで初春のお慶びを申し上げます。
 日本手術看護学会関東甲信越地区の皆さまにおかれましては、良き新年をお迎えのことと存じます。また、昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。


 さて、関東甲信越地区は、2018年6月16日(土)に第29回日本手術看護学会関東甲信越地区学会をパシフィコ横浜の会議センターにて開催致します。
 昨年の関東甲信越地区学会では、看護の質や安全を向上させる情報の活用方法、そして、多職種連携を通して手術を受ける患者の情報共有の重要性を示しました。多くの方々にご参加頂いたことで、周術期看護の中で手術室看護師が役割を担うために必要な情報をどのように活かし、活用していくかを考える場になったと思います。
 これらの内容を踏まえまして、第29回のテーマは「周術期看護に活かそう、つなげよう、チームの情報PARTⅡ-チーム情報に活かす記録とは-」としました。記録の重要性や活用について、意見交換の場として頂き、多くの学びを得て各施設における活用の一助となる事を期待しております。
 また、2018年11月23・24日の2日間に亘り、パシフィコ横浜の会議センターにて第32回日本手術看護学会年次大会も開催されます。今回は、関東甲信越地区が企画・運営を担当いたします。現在、内容に関して話し合いを進めているところですので、決定次第、ご報告させて頂きます。


 関東甲信越地区は、今後も、手術室看護師として周術期における患者の安全を守り、チーム医療の中で患者に質の高い看護が提供できるように支援して参ります。
 本年も、皆様のご支援を賜りたく、改めてお願い申し上げます。


 2018年1月

日本手術看護学会関東甲信越地区
会長  横田 富美子







日本手術看護学会 関東甲信越地区
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階
TEL : 03-3818-3830 FAX : 03-6273-0334
※お問合せ時間:13:00~17:00(土・日・祝日除く)