各担当の紹介

学 会

周術期看護の質向上を目的に、関東甲信越地区学会を企画・運営しています。
現状に沿いながら、一歩先を目指し皆様の実践に役立てられるようなテーマを選定しております。
今年度の第29回は、「周術期に活かそう、つなごう、チームの情報PARTⅡ-チーム情報を活かす記録とは-」をテーマに開催の運びとなりました。
特別講演は「訴訟・トラブルに強い!カルテ・看護記録の書き方」と題して長谷部圭司先生をお迎えし、情報がどのように記録として活用されるのか、その記録のもつ意味を考える場にしたいと思います。
会員の皆様は、2018年度の会員証を必ずご持参のうえご来場ください。皆様のご参加お待ちしております。
開催日:2018年6月16日(土) 9:00~16:45(8:20開場)
会 場:パシフィコ横浜 会議センター3階

教 育

周術期看護における基本的知識の習得・実践能力の育成を目的に、年間6回のセミナーを企画・運営しています。セミナーは麻酔科医師や手術看護認定看護師・看護管理者の方を講師として、日々の実践に活かせる内容にしています。
また、セミナー参加者のアンケートをもとに、希望に沿うように内容の見直しも行っています。会員だけではなく、手術室で働く皆様のご参加をお待ちしております。

調査・研究

手術看護の現場ではどんな事が起きているのか、現状の実態調査を中心に調査と研究を取り組んでいます。
過去の調査研究内容として「手術室看護要員算定に関する調査」「移植医療を取り巻く現状と問題」「看護記録の現状と実態調査」を執り行い、会員の皆様のご協力を頂き、調査活動を実施し報告をしてまいりました。
現在は、手術看護認定看護師の各研究チームの研究結果の報告と学会発表への支援を実施しています。
今後も手術看護に関する日常業務や業務改善等に生かせる実態調査等を実施し報告していきたいと思います。

認定看護師活動 関東甲信越地区に所属する手術看護認定看護師が主体となって、学会企画や教育セミナーを行っています。その活動において、認定看護師の特性を活かした企画・運営が円滑に行われるよう活動計画に基づいて支援しています。
活動のメンバーは、関東甲信越地区に所属する手術看護認定看護師で活動に同意をいただいている方にお願いしています。

広 報

会員の皆様が情報を共有できるようなホームページを目指しています。
関東甲信越地区の活動を積極的に掲載していきます。ご意見やご質問がありましたらメールでお知らせください。

会 計

会員の皆様の会費を手術看護の発展のために運用・管理しています。
毎年、関東甲信越地区学会の総会にて会計報告をしています。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。





日本手術看護学会 関東甲信越地区
〒113-0033 東京都文京区本郷3-19-7 本郷三宝ビル4階
TEL : 03-3818-3830 FAX : 03-6273-0334
※お問合せ時間:13:00~17:00(土・日・祝日除く)